ロレックスの買取査定でマイナスになるポイント!


ロレックスは、時計本体自体で相当高額査定をして買い取ってもらえますが、箱や保証書などの付属品が就いていた方が高く買ってもらえます。

買い取った時計は再び店頭で売られるわけですが、その際箱や保存袋と一緒に売ることができれば見栄えがよくなるので、買ってもらえる確率が高くなるからです。保証書ももちろん、あれば高額買い取りのポイントとなります。
本物である照明になることはもちろん、修理する際にも必要になるからです。

スポーツモデルの場合修理の機会が多いので、特に重要になります。
ベルトの長さを調節するコマも、次に買う人のために必要になります。
コマがあって調整が自由自在であると、買ってくれる人の幅が広がるからです。

また、貴金属製のコマが使用されている場合もあるので、大切に保管しておきましょう。
お店にもよりますが、これらの付属品がないと5000~10000円程度の減額となる場合があります。

しかし、25年以上前のいわゆるアンティークモデルであれば、すべて揃っている方が逆にめずらしいケースなので、付属品などがなくても高額買い取りしてもらえます。

This entry was posted in ロレックスの買取の長所&短所. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります